日本プロ麻雀連盟所属プロのN.B.Mです。麻雀、ギャンブルについて書いていきたいと思います。自身は、ネゴシエイト麻雀を開発し、研究しています。徐々に発表していきます。自称、麻雀ネゴシエイターです。


by reinya-takaya

[麻雀・戦術]オリとツッパリ。ネゴシエイティングをまじえて。

まず最初に、更新が遅れたことをお詫びいたします。ごめんなさいm(__)m
さて、質問のほうでオリとツッパリについてのことを書いていたので、こちらで書きたいと思います。
まず、オリとツッパリの境界線はどこで皆さんは引いているでしょうか?これはあくまで、おいら個人の見解ですが、
大前提として、3/4と1/4の境界線があります。これは理解してもらえますでしょうか?つまり、配牌や、ツモの伸び具合を見て、今現在の手があがれそうかどうかの判断ということです。この線引きは、オリかツッパリかの線引きの上で最も重要となってきます。
ツッパると決めたときに戦略は存在しません。ただ、行くのみです。危険だろうがなんだろうが行くのみです。
その線引きのラインとして、どこを考慮するかというと大抵の方は、手牌云々を言われるが、少しだけ違う。
様は、『他家との得点関係が最優先。その次に、行くことの必要性。それから手牌の形。これらのバランス。』
一様に例題を挙げることはあえてしません。麻雀において、こんな場面は毎回毎回出てくるから、自分で考えながら打ってみてください。
様は、基本、点のないやつに対して、点のあるやつが同じ土俵で勝負する必要はないわけです。しかし、相手があからさまにしょぼい手で、自分がスンゴイ手の時はバランス比重が逆転してるんで殺しに行ってもいいというわけです。
これが、1/4のときの考え方。しかし、大概は3/4にいるときが多いんですよね。これらのときに、あいての1/4を潰すために、ネゴシエイトは有効になってくるわけです。簡単に言えば、相手に1/4であると思わせなければ、無理して勝負する必要性がないと思わせれば精巧なわけです。また、ありえない人に上がってもらうことによって、相手の手を潰したり、いろいろなことができるのがネゴシエイトの魅力です。
問題はいつ3/4だと判断するかということですよね。普通の人は泣きそうになるくらいひどい配牌でも、国士や、七対子を見ながら、せっせとがんばるのが関の山だと思います。
しかし、念頭にネゴシエイトを置いてるならば、初手から、河に細工をしながら、捨牌で戦うことも可能なわけです。例えば、混一に見せたり、ドラ付近の早切りで、ドラ持ちを意識させたりも出来るわけです。
また、下家が点数のないときなどは、積極的に鳴かせてもいい。点のない人がファン牌を仕掛けたら、積極的に切っていくのもアリ。『自分がダメなら、あがる事が理想なところにあがってもらう』というのもネゴシエイト。
もちろん、牌を絞り殺してしまうのもOK。これは得点状況や自分の手牌で判断しないといけません。
問題は途中から3/4だなってわかったとき。これが厄介。例えば、少しまだ遠いときに相手からリーチがかかった時。こういうときは、基本的に、回りながらいけそうでなければオリなんですが、ただおりるのもバカバカしい。こういうときは、みんなに知ってる情報を与えちゃうのも一つの手。
リーチに無筋の、一見無根拠の牌を切る。無謀なように見えて、上級者同士では、よほどの勝負手じゃないとしたら、これは壁をもっていると判断する。例えば、無筋の8を切ってきたら、『7か6を壁で持ってるから、リーチ者はそことその筋の3と4が危険なのか?』と考える。
無論、上級者同士の戦いとなったら、それを読んでのミスリード狙いを誘うこともありますが。様は、おりるにしてもただおりるんじやなくて、攻めてる人間を苦しめるようなオリをするのが基本。自分だけが知ってる情報は、相手に見せることも、見せないことも可能だから、そのあたりを考えながら、麻雀を打つと、上達するし、麻雀に深みと幅が出てきますよ。
表現が下手くそでごめんなさい。分からないところや、疑問に思うところはまた書いてください。
[PR]
by reinya-takaya | 2005-06-29 15:23