日本プロ麻雀連盟所属プロのN.B.Mです。麻雀、ギャンブルについて書いていきたいと思います。自身は、ネゴシエイト麻雀を開発し、研究しています。徐々に発表していきます。自称、麻雀ネゴシエイターです。


by reinya-takaya

[麻雀・戦術]山あり理論

玉木pの意見の中にある、『山あり』という考え方はすごく大事だと思っています。もちろんですよねぇ。山にない待ちをツモりにいってもあがれるわけがない。そこで、この待ちが山にいるかを、どう判断するか、ということを考えようと思います。
しかしながら、言っておいてなんですが、この話題は非常に苦手である。何分、神戸界隈では『裏目引きの男』として名を馳せてるもんで。
山にいるということを考える前に、『山にいない』という事を考えてみよう。この逆をたどれば、『山あり理論』にたどり着けるかもしれない。
まず、わかりやすいのは、河にいっぱい切れている。それも序盤から終盤にかけて。これは、目に見えてないですよね。
しかし、5~6枚切れてる両面待ち。他家が明らかに使ってないと判断できれば、残りは山に違いない。ただし、『王牌死に』の可能性はあるけど。終盤で、序盤に切れてる両面待ちなら、あるいは期待できるかもしれない。
次に、壁牌になってるのに、姿が1枚も見えてこない。これも他家に対子or暗刻で使われてる公算が高い。中盤になった初牌の字牌。基本的に、誰かが持ってると考えますよね?あれと似たようなもんです。
似たようなケースで、序盤に切られてる牌の近隣の牌なのに姿が見えない。例えば三人が序盤のうちに九など萬子の上側を切ったとします。この場合、『萬子の上側は他家は不必要』と一応は考えます。が、ぽつんと萬子の上で、例えば、八だけが見えてない。
こういう時も他家が対子or暗刻と考えていいんじゃないかな。
この逆を考えて、自分なりの『山あり理論』を考えました。
上から順に信頼性が高いもの。
1、両面搭子だけど、縦引きした。時の縦牌(④⑤とあって、③⑥より先に④を引いたときの⑤)
2、序盤に多く切られた周辺
3、壁牌でさらに数枚見えている。
その他では、相手の理牌でわかったりするときもありますが、まぁ、こんなところかな。後は、玉木pと度胸桜吹雪プロの力を借りたい。
無論、セ界虎ッチいずれは二人旅プロ(笑)もお願いします。プロ以外の方の意見も聞きたいです。お願いします。

[PR]
by reinya-takaya | 2005-07-20 18:06