日本プロ麻雀連盟所属プロのN.B.Mです。麻雀、ギャンブルについて書いていきたいと思います。自身は、ネゴシエイト麻雀を開発し、研究しています。徐々に発表していきます。自称、麻雀ネゴシエイターです。


by reinya-takaya

[麻雀・戦術]ネゴシエイト麻雀の概要

ネゴシエイト麻雀。これは今おそらくは誰も使ってないだろうから、自分が桧舞台に出ることがあれば、そう言ってやろうと、そのふれ込みでいこうとかんがえてます(笑)
考えてるだけじゃなく、実戦でも使っているし、研究もしている。
簡単に言えば、麻雀でいろんなアクション(哭きや、リーチ、もっと言えば、腰牌にならない程度の動きや、ツモったときのしゃべりでないリアクションなど)で、相手の動きや様子をみたり、その人がどういう癖を持っているか、
例えば、ピンチのときに突っぱねるタイプか、引くタイプかを見極めたりするためにつかったり、また、そのアクションによって、相手の手を歪めよう、殺そうとする麻雀です。つまり、牌を通じて会話し、相手と交渉(ネゴシエイト)するわけですね。
例えば、ドラ三元牌の時、バラバラの手で、そのドラも1枚ポツンとあるとき、どうします?実戦ではよくありますよね?絞り殺す人もいれば、1向聴で切る人もいる。配牌からおりる人もいる。そんな時、ただおりるのももったいない。
こんな時、だめ元で一色手を目指して、端からないてみる。「なんだ、ブラフか」と思われた方もいるでしょう。以前までの哭きは、上がりを目指すことを目標としましたが、ネゴシエイト麻雀では、重きを相手の出方に比重をおきます。
哭きにたいして、突っぱねるにはそれなりの理由がある。そこを考えていけばいい。ヒヨってくれればなおよし。
これに、条件が加わってくる、例えば、点数がある親にこれ以上無理をさせない、上がらせたくないなどです。そんなときはこの打ち方が有効になります。
その他、点棒のない他家にあがらせる、点棒を持ってる親に、親っかぶらせて点差を縮めるなどなど‥。
一概にブラフというんじゃなく、相手と交渉し、自分がどうしたいのか、相手がどうしたいのか、これをくみする麻雀。それがネゴシエイト麻雀なわけです。
麻雀とは人間が4人集まってするもの。心や意思はあるはずです。それを着眼する打ち方です。まだまだ、研究中ですが、徐々に発表していきたいと思います。意見のある方は、へんじをください。
[PR]
by reinya-takaya | 2005-06-09 00:19